日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<< 2020 July >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS

    匿名希望(12/21)
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout
祝日かけて、クソムズ30年代アニメ魂斗羅ことcupheadクリアしたぞぉぉぉぉ(ドンドコドンドコ)。フミアキくんと「クリアすんぞ」といって、遊んでは「今日はここまで」と延ばし延ばしで遊んで、気がつけば年をこしてた。

すげえ良くできてた。最初は「いやこれ無理な奴だろ」って思っても、そのうち敵の攻撃にパターンを見つけたり、「これ、武器を変えた方が良いのでは?」とかやったりしてるうち、少しずつ先へ進める様になる。一つのボスに2時間~3時間あれば攻略できる。その時間飽きないというのもすごいけど。

たのしかったすな



金曜日は大蔵で鍋ース。鍋を食べながらドラムンベース。細井さんが来ると言ってたので、ソニックウイングス3だけ用意してた。しゃべってる人を振り向かせたくて、色々もがいてる間に自分の時間終わってた。ハニャーン。。40分は短い。反省。客だけみててもモチベーションは保てない。自分も見よう。

帰りにヘッドホンが壊れた。PCDJの一式はpc用のバックに入れているんだけど、ヘッドホンたけ入らないので、バッグの取っ手部分にひっかけたら終電の圧にやられてポッキリ折れた。

ぬあー。ハウジング部分の可動域が狭いから、しまうのめんどいなーとは思ったけど、こんな事になるなんて!!二年もった?悔しい。。

新しいヘッドホンは日曜日に買いました。無駄にBluetoothヘッドホン(有線も使えるのでDJにも使える)


M1グランプリ。ビデオとりわすれて、今日やっと、こーめちゃんちで見せてもらうことができたので覚え書き。

べこぱはツッコミが新鮮だった。といいつつ、いま僕は「ツッコミが新しかった」と打ってから、三分悩んで「新鮮だ」に変えたので、実は新しくは無いのかも知れない。否定を否定するツッコミ。なにかあった気がする。博多華丸大吉が、華丸のボケを肯定するツッコむ漫才を持ってたかな。

ミルクボーイは漫才の構造から見直してた感。ボケとツッコミの手番は何も変わらないのに、その裏で「母の好きな食べ物」がクルクル変わってる二重構造。で合ってるかな。ボケ役は話をするものの、本当のボケはこの「母」であり、第三者であるが故にツッコミが直接ツッコめない。音を消すとオーソドックスな万歳なんだよね。

かまいたちも構造自体はオーソドックスな漫才だったんだけど、一本目の、ボケに入るまでの流れがすごく丁寧で良かった「観てる人がそう思う一瞬前にツッコむ」が一番できてたと思う。大きい舞台でそれができるのがすごい。

決勝には残らなかったけど、和牛がここまでやってた(ややアクが強くて飽きられつつあった)漫才を見直して、その漫才で決勝上がてたの凄いなあ。

今年はジャルジャルが居なかったの寂しかったです(,,・ω・,,)




良く行くBARの常連さんに話がやたら上手い人がいて、その人がポロッと「『今日なんか良いことありました?』から会話が始められる位の関係性がいい」みたいな話をしてまして。これ、コミュニケーションの基本ではあるんだけど、ちょっと忘れてたなあ。とか。
「今日なんか良いことありました?」いい響きです。ポジティブだし、聴かれればまず「良い事あったかなあ」と思い出します。思い出せれば、きっとその日1日は良い日として記憶します。

インターネットが便利になって、コミュニケーションも、日々のログも、敷居低く手軽に出来るようになりました。人間一人がするアウトプットの量も増えたかと思います。反面、振り返る事が無くなったのかな。とか。みんなTL追うことと、アウトプットする事に忙しくて、何をしたか思い返す時間あるのかしら。とか。

記憶力や思考力の減退ってこの辺が関係してやしないかしら。とかなんとか。






落ちもなく、週末の話題から。
(話を分かり易くするため、一部脚色しています)


【友達がポケモン買った】
「スイッチ買ったよ」
「え、ホント?ソシャゲ派だったじゃん。なんで?」
「ポケモンやる」
「急だな」
「ポケモン始めて今度こそFGOの課金止めようと思って」
「なんだその薬辞めるみたいな言い回し」
「いや、ちょっと課金額がすごくて。その点ポケモンなら一回払えばいいから、課金止められるかなって。。」
「ポケセンは厚生施設かよ。課金言うても趣味の範囲でしょ、一番使ってた月で幾らぐらいなん?」
「10万ぐらい?」
「金額えげつねえ」

【それもまたアイカツ】
「課金と言えばアイカツがやばくて」
「マジ?子供向けアニメでしょ?」
「子供から取れなくなったから、大人から取ろうとしてて時計とかのアパレルが出るようになった」
「それも金額えげつない感じ?」
「[ちょっと引く値段]万円くらい?」
「うんうん、それもまたアイカツだよね」
「それ言うと許される気がしちゃうのがヤバいよね」

【かえって来た人は別カウント】
「ウルトラ6兄弟ってどこまでなの?」
「初代でしょ、帰ってきたウルトラマンでしょ、タロウでしょ、、、、」
「まって、帰って来たウルトラマンは初代と別人なの?別トラマンなの?」
「別なんだよ」
「その別トラマンは兄弟から『帰ってきた』とか呼ばれてるの?」
「いや、実はちゃんと『ジャック』つて名前があるんだよ」
「なるほど。そういえば他のウルトラマンは『ウルトラマン某』みたいな名前だけどだけど『ウルトラマン』は名字なの?」
「名字なのかな」
「そしたら初代ウルトラマンは兄弟からなんて呼ばれてるん?」
「ウルトラマン」
「それ、他の兄弟は『太郎』とか『康彦』とか名前で呼ばれてるのに、長男だけ『鈴木』って名字で呼ばれてるのおなしくない?」
「じゃあ、きっと種族の総称なんだよ。ウルトラマンっていう、種族」
「なんで兄弟から『人間!!』って呼ばれなきゃいけないんだよ!!」

落ちません。




    
処理時間 0.566112秒