日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<< 2017 November >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout
映画『ちょっと今から仕事やめてくる』観てきた。福士蒼汰がめっちゃカッコいいだけの映画。なんで観てえのか全然判らないけど、観たいから観た。終わり方が薄っぺらくて、『えー』っていう内容だった。なんで観たかったのかもわかんなかった。たぶん福士蒼汰が格好いいからだろうなあっておもった。実際かっこよかったし。

しかし、主人公が福士蒼汰扮する山田純に助けられる様を観て、思い至った。子供の頃にああいう『おせっかい』に助けられたのが心に引っかかってるんだ。

僕は中学で、高校で『人生を救ってくれた恩人』が二人居る。彼らは僕の『ちょっといけ好かない性格』を分け隔てることなく、つき合ってくれた、評価してくれた。他の友達と同じように接してくれた。そこまで、まるでゴミ以下だと思って居た自己評価を引き上げてくれたし、『くさす』と『いじり』の違いもそこにはあった。彼らへの感謝が未だ枯れずに居るのだろう。

映画は(主に、分かりやすくするために用意されたただただ甘いだけの砂糖菓子のようなエンディングにより)あまりおもしろくは無かったけど、心にきた。



水曜日に突発性難聴の治療ついでに会社を休み、まあつまり1日空いたので秋葉原にあるセガのVR施設に遊びに行ってきた!平日暇な森羅くんひらりんいざよいくん、あと当日現れた月村さん(月村はつい『一緒にやるの?』を聞きそびれてVR参加できず。。すまない。。

簡単なVRシューティング(一人用)何だけどとても良くできてた。端から観てると、ただただ平坦な道を歩いてるだけなんだけど、エレベーターに乗り、列車に、トロッコに。

敵がどっちから来るのか分かりにくいところがアレかな(それが緊張感だしてたところもあるけと)あと、メガネ曇った。


ブリーフィングの人がノリが良くて、『エリアの外にでると、ホラ、アレだから』『雑か!』とかいうやりとりをやってて、スゲエ楽しかった。アンケート書き忘れは失敗したなあ。


日記もちょいちょいはぬけになるなー。実は最近googleドライブに日記を書いていて、公開できる奴だけこっちにも書き写している。

今日はSALさんが3月に続いて上京するというのでがすけつと一緒に飯。楽しみやー。
3月には仕事が忙しくて会うことができず悔しい思いをしたからなあ。その仕事が今や暇_(:3 」∠)_。緩急おかしいでしょ。。

と、いいつつ、仕事は新しいのが決まりそう。営業力もつけなきゃなあ。資料作りが、仕事資料と、二水での資料、とたて続きで精神的に追い込まれ。頑張らねば。


今隣のおっちゃんが経済新聞読んでて『原発新造』を明記とな。いやあ。理由どこよ。再稼働は賛成だけど、新しく作るのは反対だなあ。




先日のチバちゃんコーヘーくんとの飲みで、『ダークナイト観た方がよい』との話になったので、早速アマゾンビデオで借りて観た。

名作だ。とは言われていたけど、ちゃんとは観てなかったのよね。だから、バットマンがクリスチャンベールだって知らなかったし、敏腕検事役で『サンキュー・スモーキング』で主演野アーロン・エッカートが出てるとは知らなかった。

バットマンが本当に『ポピュリズムに寄り添わない正義』をしていてかっこよかったし、ジョーカーの『私利私欲では無い悪』も良かった

観た後にチバトシロウくんが言っていた『バットマンが主人公なのに能動的に活躍するっていうより後手に回っちゃってヒーローが活躍するというカタルシスが無い映画になっちゃってるの。だからアメコミヒーロー映画としてはモヤモヤするの』はなる程なって思った。なんか、考える事、考えさせられる事のある映画だった。


風カオル『ハガキ職人タカギ!』読了。広島県の高校生、ハガキ職人タカギの、ハガキ職人として、高校生としての日常を書く。同級生のギャグのセンスとか、上京してお笑いのライブに出るとか何というか淡々と、そこそこ刺激的な毎日が心地よいかな。うん。

ちょいちょいと出てくる大喜利ネタと、それに付帯する(タカギの)ネタに対する批評がおもしろい。『今のネタのどこが惜しいか』みたいなのってなかなか見ないのでなるほどねーってなった


    
処理時間 0.418231秒