日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<< 2019 August >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout
この間、バーで飲んでたら常連さんが『よくあるTwitterのキャンペーンで、100万円相当のゲーミングPCが当たった』と言ってた。今日日、定価4万のPCがある時代に100万円である。なんだそれ。何積んだら100万とか行くんだ!?。ハードディスク10テラとか?今テラ幾ら?ググれば出てくるテラ相場で1万半ば?二万弱?ゲーミングPC改めデータセンターじゃんスか。もはや、なんかすげえものが入ってるとしか思えない。天板外すと上坂スミレのサインがハイってるとかそういう。それ見て『俺まややん派なんだよなー』とか言うやつ。

ゆうて今サイン幾ら、ググれば出てくるサイン相場で1300円前後。もはや箱を開けたら色紙がギッシリ詰まるレベル。これPCじゃないなもう(鉄の色紙入れ)



the shooting 3、ライブとライブの間の幕間のDJをやらせて貰うことになって、色々曲を選んでます。元から持ってるライブラリーに、GAMSIC御用達のツールで少し足す感じ。MP3で買えるものは買ってしまう。

しかし、ゲームミユージックはまたデジタル配信弱いすな。。どうしても一曲入れたいために久しぶりに物理メディアを買いました。Amazonが即日配達で助かった。

バンドの転換の間なのであんまり目立つ気もなく、繋ぐ事もないけど『いつ終わるか判らない時間を埋める』のはおもしろいな。多分音量も出せない(バンドの人の邪魔はできない)。

あ~。最近のシューティングがまだ弱いな。。。

スターブレードのエンディングかっけえんたけど、これかけたらイベントが終わりそうだってひとりで笑い転げてた


applemusicなら、iTunesのライブラリーをAndroidで使えると聞いて飛びついたものの、毎月980円払わないとアプリケーションの起動すらさせて貰えないと聞いて、僕の顔面サブスクリプション。なんだよそれ、一年で中古のiPodシャッフルが買えちゃうし、二年でiPodをtouchできちゃうじゃん。てなんで色々調べたら『iSyncer』なる第三者アプリケーションがある事を知る。PC側とAndroid側の両方でアプリを実行する必要があるけど、こちらは買い切り。試用状態ではまあまあ使えそう。

第三者委員会的なものは、当人たちの頑張り如何に関わらず突然使えなくなったりするリスクがある。appleの『起動する権利からサブスクリプション』は、現状あまり魅力を感じない。動画を持ち歩けるYouTube Musicに限界が見えてきたので乗り換えるという手は有るんだけど『iTunesのライブラリーが使える』以上の魅力が無い。

いっそiTunesを辞めるっていう選択肢もあるのよなー


なんやかんやで22年位DJやってます。人生の半分すな。DJやってて楽しいのは聴いてるみんな楽しそうに過ごしてるのを眺めてる時です。雑談してたり、スマホ観てたり、みんな勝手にやってるけど、足だけリズムをとってたり。そういう場所を作れているなって思う瞬間が好きです。雑談もそう。僕の声が届いた人が笑ってくれたなら、こんなに幸せなことはない。

僕はそもそも名称をちゃんと覚えられないので、例えばジャンルだったり、音楽的なテクニックだったり、それらを上手に語ることができません。声が届く範囲を笑顔にしたいから、他人と音楽談義を戦わせることもしません。だから、カッコイい音楽DJにはなれないし、尊敬されるような音楽家にもなれません。それでも続けられたのは、その時々で仲良くしてくれるみんなが居るおかげです。

僕はちょっとしたトラウマがあり、べったりした人付き合いがどうも苦手です。他人に深く入り込むのも得意じゃありません。そんな僕ですが、遊んでくれる友達が居ます。『つらい』って言ったときに声をかけてくれる友達が居ます。正直、子供の頃から考えられないくらい恵まれています。いつも、ありがとうございます。

44です!そろそろ身体にガタも来るでしょう。心配をかけることもあるでしょう。それでも、たまに、みんなに会うときに『ここうくんはいつも笑ってるなあ』って思ってもらえる僕でいます。みんなが死ぬまで。それぐらいしかできないから。

今日来てくれるみんなにも、来れなかったみんなにも。ありがとうございます。


川添 愛 白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険
読んだ。オートマトンとか難しい理屈なんだけど、冒険譚が手伝って途中までは理解できる。後半からはちょっと難しくてすぐは理解が追いつかない。しかし、何故プログラミングが出来るのか、の根幹をやっているぽいあとで解説と合わせて読み直そう。


    
処理時間 0.423212秒