日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<< 2020 February >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS

    匿名希望(12/21)
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout
落ちもなく、週末の話題から。
(話を分かり易くするため、一部脚色しています)


【友達がポケモン買った】
「スイッチ買ったよ」
「え、ホント?ソシャゲ派だったじゃん。なんで?」
「ポケモンやる」
「急だな」
「ポケモン始めて今度こそFGOの課金止めようと思って」
「なんだその薬辞めるみたいな言い回し」
「いや、ちょっと課金額がすごくて。その点ポケモンなら一回払えばいいから、課金止められるかなって。。」
「ポケセンは厚生施設かよ。課金言うても趣味の範囲でしょ、一番使ってた月で幾らぐらいなん?」
「10万ぐらい?」
「金額えげつねえ」

【それもまたアイカツ】
「課金と言えばアイカツがやばくて」
「マジ?子供向けアニメでしょ?」
「子供から取れなくなったから、大人から取ろうとしてて時計とかのアパレルが出るようになった」
「それも金額えげつない感じ?」
「[ちょっと引く値段]万円くらい?」
「うんうん、それもまたアイカツだよね」
「それ言うと許される気がしちゃうのがヤバいよね」

【かえって来た人は別カウント】
「ウルトラ6兄弟ってどこまでなの?」
「初代でしょ、帰ってきたウルトラマンでしょ、タロウでしょ、、、、」
「まって、帰って来たウルトラマンは初代と別人なの?別トラマンなの?」
「別なんだよ」
「その別トラマンは兄弟から『帰ってきた』とか呼ばれてるの?」
「いや、実はちゃんと『ジャック』つて名前があるんだよ」
「なるほど。そういえば他のウルトラマンは『ウルトラマン某』みたいな名前だけどだけど『ウルトラマン』は名字なの?」
「名字なのかな」
「そしたら初代ウルトラマンは兄弟からなんて呼ばれてるん?」
「ウルトラマン」
「それ、他の兄弟は『太郎』とか『康彦』とか名前で呼ばれてるのに、長男だけ『鈴木』って名字で呼ばれてるのおなしくない?」
「じゃあ、きっと種族の総称なんだよ。ウルトラマンっていう、種族」
「なんで兄弟から『人間!!』って呼ばれなきゃいけないんだよ!!」

落ちません。




知ってる人は多分僕より知ってるし説明要らないとおもうんだけど、佐藤豪さんという方が居ます。雷電ファイターズというシューティングの曲を書いた人。とても気さくで人当たりの良い方で、ベーシストでもあり「佐藤豪バンド」というバンドを率いています。バンド名に自分の名前が入ってるなんてなかなか強い。「内山田洋とクールファイブ」だって、内山田洋とクルーファイブを分けて居るのに!さすが名前に豪とつくだけります。

去年そのバンドが、ストラニアの作曲者ヨナオケイシさんのイベント「the shooting」で演奏するはずがなんと当日、豪さんが高血圧悪化により不在。豪バンドなのに豪さん抜きという事態になってた。そんなのマリリンマンソンが脱退したマリリンマンソンみたいな状態での演奏でしたが、ライブはしっかりと盛り上がりました。

ただ、豪さんがこれを気に病み、このたび「詫びライブ」をする事に。これに行ってきた。場所は沼袋section9。片道一時間半という小旅行を経てたどり着く箱は、ライブハウスなのに日本酒と焼酎が充実している不思議な箱。それ飲んでたらライブどころじゃねえぞ。

雷電の曲を中心に、色んな曲をやってた。豪バンドはアンドーさんがウィンドシンセをつかってて、スペハリがすげえ合うなあ。アカとブルーの1面は冒頭のベースが印象的なので、豪バンドで聴くのはとても楽しかった。ヨナオさんをゲストにストラニア。CDは買ったものの未プレイだったんだけど、トークでゲームのストーリー的なものを聞いて、なるほどファンが居るのも頷けるなあと思った。

妖怪道中記の作曲者の川田さんがゲストの時、個人的に好きな曲をやってたんだけど、これはツイートSNS禁止。VGMに限った話じゃないけど、この辺の「演奏権」みたいなのってもっと気軽にならないのかなあ。多分利益を守るためなんだけど、残念だよね。理解はするけど、残念。




日曜日は同人誌?即売会?「セガのゲームは世界一」(セゲいち)行ってきた。セガのゲームが大好きになってしまった、おそらく前世でとても許されない罪を犯して今生で生きづらい呪いをかけられた人が集うイベント。

といっても、やってた仕事は「ソニック3Dブラスト」を持って行く事。なので、手伝いで有りながら、する事がない。なんとなくダラダラゲームしてました。

セゲいちは驚きの女子率で「セガのイベントこんなに女の子居るのおかしくねえ?」って調べてみたら、女の子ほぼほぼソニック目当てだった。出店の半分がソニック、1/4がPSO。残りがその外。つまり、ファンタジーゾーンもswitchもナイトトラップもチューロケも無い。んんー。少し残念。

その「ソニックの彼女」のうちひとりに話ができたので、なんでソニックなん?っていうのを聞いてみた。なんでもドリームキャストのソニックアドベンチャーが入り口らしい(一人にしか聞いてないので他は知らない)。そういう世代も有るんだなあ。

試遊台の側で、「俺のメガドライブミニ2」っていう企画をやってて「良かったらマイク持って下さい」と言われたんだけど、僕は舞台の上で喋るタイプでは無いので辞退。リアクションで勝負するには、知識量が要求されるし、僕がその要求に答えられない。この辺「よくしゃべる人」の誤解があるなあと少し感じた。

でも、楽しかったし、メガドラのソニックが並んでたのは素直に嬉しかった。呼んでくれた月村さんに感謝。


箱詰めで出国した元社長の今を!現在を!子細漏らさず知りたいボーイ、知りたいガールの皆さんこんにちわ。てか、あとは国と司法が何やったかが判れば良くね?

新年だしね。なんか書き留めたくて書き始め。ゴールも無いままそぞろ書き。ここ数年の文章力の減退を補うため、「我が輩はあけぼの。ようよう激しく激怒した」という冒頭から始めた日記もおおよそ半年位続られました。継続はサラサラなり。子供が知らないフレーズばかりを思い出す毎日です。鉄骨飲料って今聞くとなにがなんだかわからないよね(組体操で天を目指す図挿入)

正月!そう言えば正月だったのです。正月とは「正しい月」つまり、他の11ヶ月は「正しくない月」なので、解釈違いでありその月とは同担拒否権発動リムブロガード下キャンセル新橋サラリーマンがテレビの取材に答えるのだ「あの社長楽器ケースの中でワイン飲んでたって本当ですか?」

(サラリーマンをワギャナイザーで殺害する絵挿入)




年末になるとよく聞くフレーズがあります。「今年会うのも最後かなあ」とか「来年はどうしたい?」とかいうやつ。まあだいたい定型文で、返しも定型文のソレがあったりして。なんでもないping的なやりとりを行うことにより、理屈で測りにくい「何か」が進展するというのがおもしろい。進展というより保持される。なのかな。縁(えん)の保全のためウォッチドック機構が働くとかそういうやつ。やつー。

この「よく聞くフレーズ」に、明らかにここ数年で台頭してきた言葉があります。多分30代あたりには納得してもらえると思うんですが

「年末感が無い」

言いますよね。毎年。「ここ数年ずっと言ってるwww」ってところまでセットで。これ、毎年言ってるって言うけど、どれくらい言ってんのかな。って思って記憶をたどると、おそらくセブンイレブンが年末年始休まなくなって銀行でお金を下ろすのが簡単になったあたりって考えると、もうここ15年ぐらいは確実に言ってる。それ、もうこの先ずっと無いじゃん。過去の概念と化してるじゃん!!!

「もはや年末では無い」なんて、戦後みたいなノリで言う。

それでも僕らは「年末感が無い」と言う。便利と引き替えに失った、ありもしない年末感を欲している。なんなら若い子も合わせてくる。彼らも年末感が懐かしいのだろう。。。。。なんで?

考えてみたら、年末年始の食料不足はすでにここ十数年ですでに改善済みである。銀行なんてかなりギリギリまで空いている。若い彼ら彼女らはそんなものとは無縁なハズなのだ。何が懐かしいのだ?彼らの年末感とは何なのだ?少し気になったので、聞いてみることにした。

「仕事初めて、おっきい休みも無いし、試験も宿題も無いから」

なるほど、若い子の年末感は学生生活にあったか、確かに学生には年末年始に大きな休みがあり、それが否応にも季節を感じさせるのか。

つまり僕らが感じる年末感と、若い人の感じるそれはまるっきり違うものなのだ。それらが「年末感」という言葉のデフォルメによって、さも意志疎通出来ているように感じていただけなのだ。

「なんか今年も終わるのに、年末感無いよなあ」
「そうっスねえ。。」

このやりとりにおける世代間の溝は深い。




    
処理時間 0.430456秒