日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<< 2016 August >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout
一か月あけといて、これ書くのもアレだけどー。

先に言っとこう。最近読んだ本の受け売りから。

聖書って、あるじゃんすか。あの、キリスト教の人たちが大切に持ってる「人生の攻略本」。あれって、イエスキリストやその他の聖人の方が、人生に困っている弟子や、信者に向けて言った事や行った事なんかが書いてあるんだと思うんですけど。

あれって基本的に、その時々にキリストや聖人さんが当の「困っている人」に向けて言った言葉や行為だと思うのね。それがその「困っている人」に響いたと。とても救われた(not助けられた)と。そういう事が記録に残っている。残ってるだけだと思うんですよ。って、ああえっと「聖書」を例に出しちゃったからアレだけど、これ他の宗教も同じ。いわゆる「経典」とか言われるもの全般そうだって思っていて。

んで。その聖人さんたちも寄る年波には勝てず死んでしまって。そうなると、そうなってしまったとしても一度大きくなってしまった「宗教」は解散できない。なんでできないのっていうと「集団の不自由」としか言えないんだけどとにかく解散はできない。そうすると残された信者は何を拠り所にするかって言うと「あの人は生前こんなこと言ってた」って言葉を集めた「聖書」しかなくて。これを使って、残された「困った人」をどうにかこうにか救っていく。大切なのはそれが「聖人本人が、困っている人に合わせて考えた言葉」では無くて「聖人が他の人に向けて考えた言葉を、聖人じゃない人が今困っている人に向けて使用してる」ってあたり。

他人に向けられた言葉を使って、目の前の困った人を救うって、そんなの上手くいくん?行くんです。昔の人の例だけど「解釈」を加える事で、今の人の例にマッチするようにする。それが上手い人もいるだろう、下手な人もいるだろうけど、そうやって宗教は回っているんだよ。みたいな話があって。この話が、いまの僕を随分と救っている。

ルールとか「こうした方が良い」とか「こうあるべきだ」みたいなものって、言えばそりゃ、「そういう生き方したほうがいいよな」って言わざるを得ない事がいっぱいある。けれどそれって結局、この「聖書」とか「経典」みたいなもので、いろんなものを自分のパターンに合わせて解釈すればいいんかなー。的な。その解釈のパターンを増やすことで楽に生きる方法もあるなーとかそういう。

おちない。



more>>
金曜日夜から作曲合宿。フミアキくんの休みに合わせての開催で調べたら1年ぶりだった。男ばっかりで熱海。最高か。

今回は前日入りを電車でやろうぜってんで、参加者のさんちゃんが東京から、僕が川崎から、フミアキくんが藤沢から乗り込んだ。終電一本前のグリーン車なんだけど、藤沢までは人が多くて並びで座れなかった。つっても、空席はあるにはあったので、まあよし。合流前からLineで情報戦したりとかして楽しかった。

持って行った機材はcircuitとKP3+。あとこの間買ったVAIO。VAIOは動画録り用に。結果は3本(うち一本は一発どりのbeatmake)撮って終了。ここからブラッシュアップしていこう。circuitは扱っていて楽しいんだけど、曲として仕上げるのはちょっと大変。ここからどうするかだなあ。Liveも使ってみるか。。

それ以外は主に寝たり風呂入ったり、夜から参加のizさんR9くんとバカ話したりして楽しんだ。こーめちゃんが前にDJしていたカフェーも行った。楽しかったわー。



キャプテン・アメリカ シビルウォー観てきたよ。アイアンマン初めアベンジャーズ出るしスパイダーマン出るし、アントマンまで出てくるしで『アベンジャーズでしよ?』って思ったんだけど、やっぱりキャプテンアメリカの話だった。

アベンジャーズが国連の監視下に入る入らないで、揉めて戦うシーンは圧巻。スパイダーマンやアントマンも混じったごちゃごちゃ感が良かった!

このあとどうなるのか気になるヒキだつだ。


映画『デッド・プール』観たよ。ウルヴァリンと同じく不死身となりつつも、どこに属する訳でもなく割と身勝手に生きてる人の話。全編お下劣、、、って話だったけど、そんなでもないって思ったのは『モンティパイソン』とか『チームアメリカ・ワールドポリス』を知ってるからだろうな。

吹き替え版の方が品がないという話だったので吹き替え版観たんだけど、テンポはすごく良かった。自分の身体をめちゃくちゃにしたフランシスへの復習・対決と、なぜそうなったかを平行でみせる感じ。ちょいちょいデッドプールがこっち『観客』に向けて話しかけてくるのでなかなか飽きない。アクションはすごい良かったなあ。

あと、デッドプールのキャラクターが『正義の味方』では無いんだけど、ひどく悪い人ではなくて、なんだか憎めないキャラクターなのも良かった。



妹が、FFのオフ?だかで上京。その後うちに泊まった。夜遅くなると栃木帰るの大変だからね。泊まって次の日まあ、暇なんでってんで、かっぱ橋道具街。そっち方面いまり興味レスにて行ったこと無かったんだけど、クッキーとか焼くときの型とか、食品サンプルやら普段観ない道具、アイテムがいっぱいあって興味深かった。

その後浅草演芸ホール。芸協の日で、知ってるのは円丈師匠と三三師匠位だったけど面白かった。三三は飄々とした落語で面白い。円丈師匠は歳とったなあ。

ホームランっていう、漫才師が二人とも60過ぎてるのに、すごい楽しい漫才してた。昭和初期のテレビ番組なんて、知ってる人どれくらいよ?っつー古いネタなのに、歌い方と動きで笑わせる。客に理解が無いなって思ったらすぐフォロー入れる。感動した。60になっても人を笑わせる事ができる人間になりたいなあ。

帰りに妹が落とし物。Suicaを定期入れごと。。みつかるといいけどー



    
処理時間 0.696808秒