日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<< 2022 August >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS

    匿名希望(12/21)
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout

 「誉田 哲也/ストロベリーナイト 」読了。ビニールシートに包まれた他殺体、死体はリンチの後首を切られ、死亡後さらに腹を割かれていた。27歳で警部補となった姫川玲子とそれを中心とした刑事群像劇。で良いのかな。先週ぐらいにドラマになっていましたね。竹内結子で。

 ミステリーというより、刑事群像劇。内容は非常に解りやすい。カンに頼る姫川に、多少汚い事をしてでも手柄をあげる勝俣健作の対立の構図。お互いに自分のやり方で犯人に迫っていきます。またこの勝俣がえらい悪い奴に描かれてて好感が持てます。トリックと筋はまあ多少ベタくさいけど僕は好きです。それでいて、ちょっとキャラ小説くさい(ライトノベル程では無い)。こういうのがかえってウケるんだろうな。姫川について回る井岡のキャラクターがいいですね。途中、何度かグロテスクなシーンがありますが、まあ、死体が出てくる小説ですからー。



Recent Entries from Same Category









    
処理時間 0.552055秒