日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<< 2020 September >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS

    匿名希望(12/21)
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout
M1グランプリ。ビデオとりわすれて、今日やっと、こーめちゃんちで見せてもらうことができたので覚え書き。

べこぱはツッコミが新鮮だった。といいつつ、いま僕は「ツッコミが新しかった」と打ってから、三分悩んで「新鮮だ」に変えたので、実は新しくは無いのかも知れない。否定を否定するツッコミ。なにかあった気がする。博多華丸大吉が、華丸のボケを肯定するツッコむ漫才を持ってたかな。

ミルクボーイは漫才の構造から見直してた感。ボケとツッコミの手番は何も変わらないのに、その裏で「母の好きな食べ物」がクルクル変わってる二重構造。で合ってるかな。ボケ役は話をするものの、本当のボケはこの「母」であり、第三者であるが故にツッコミが直接ツッコめない。音を消すとオーソドックスな万歳なんだよね。

かまいたちも構造自体はオーソドックスな漫才だったんだけど、一本目の、ボケに入るまでの流れがすごく丁寧で良かった「観てる人がそう思う一瞬前にツッコむ」が一番できてたと思う。大きい舞台でそれができるのがすごい。

決勝には残らなかったけど、和牛がここまでやってた(ややアクが強くて飽きられつつあった)漫才を見直して、その漫才で決勝上がてたの凄いなあ。

今年はジャルジャルが居なかったの寂しかったです(,,・ω・,,)




Recent Entries from Same Category









    
処理時間 0.565066秒