日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<< 2017 June >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout
東直己「探偵はbarにいる」読了。後に続く「ススキノ探偵シリーズ」の第一作。映画の「探偵はbarにいる」の原作ではない。映画「探偵はbarにいる」原作はこの後の「barにかかってきた電話」。このへんややこしい。

 ススキノのバーに居座り便利屋をこなす「俺」に、行方不明の女を捜してほしいという依頼が入る。女の行方を追ううちに、ススキノ市内で起こった男性の殺害事件が関わってくるとかそういう。「俺」の視点で進むハードボイルド、でいいのかな。カンが良くて、会話が軽妙な「俺」が話をどんどん引っ張ります。なあばすぶれいくだうんを思い出します。

 ミステリとしても悪くないとは思います。と。あと、初版の出た年(90年代)を考えると、キャラクタもしっかりしていておもしろいです。ただ、ハードボイルドなので(?)、最終的に人情話におちてしまうのが人をえらぶかなあ。



Recent Entries from Same Category









    
処理時間 0.393836秒