日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<< 2017 November >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout


誉田哲也「ジウ」読了。特殊犯操作係に所属する門倉美咲と伊崎基子を中心に、連続幼児誘拐事件の主犯とされる「ジウ」をめぐる警察群像劇。最近ドラマが最終回になりました。(多部ちゃんかわいい)

 小説は3冊からなる長編で、最初は読むのに結構骨が折れます。特に1冊目は門倉と伊崎、その周辺人物の人となりの紹介に始まり、まだ事件も大きく動くこともないので。後半は、めまぐるしい展開に引き込まれるように読みました(3冊目は買ったその日に読了)

 中盤あたりまで、伊崎のキャラクタにはかなりイライラしますが、それが後半にどんどん生きてくるのはすごいなあの一言。また、最後まで読んでみると、どのキャラクタにもそれなりの愛着が出てくる(ジウですら)不思議な小説でした。


 ドラマは最終回だけ見たけど、、まあ、がんばったんだろうけどなあ。3冊分を縮めるにはどうしたって相当なエピソードを省かなくちゃいけないし、最後の盛り上がりは深夜のドラマとしてやるには金銭的にきつかったと思うんだけどなあ。ちょっと残念な印象(というか、ドラマは多部ちゃんがやっとマトモな役にありついた事以外はあんまり興味が無かったんだけど小説を読んで「これどうやってドラマにすんだ!?」と興味が出て観ただけだった)



Recent Entries from Same Category









    
処理時間 0.406332秒