日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<< 2022 December >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
「オタクに救われた人間の願い」
    Eleven Tenths 須々木(09/15)

    匿名希望(12/21)
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout
 「伊坂幸太郎/ゴールデンスランバー」読了。総理暗殺の濡れ衣を着せられた主人公青柳が、大学時代の友人や、偶然であった連続殺人犯に助けられながら警察から逃げ回るストーリー。2008年本屋大賞。

 本屋大賞撮ったときに作られた映画を先に見ていた(竹内結子がかわいかった)ので、話の筋はだいたい解っていて読みました。序盤の森田が青柳に「もっと疑え」と泣きながら訴える下りは、映画のシーンを思い出して泣けました。

 映画と筋が同じなので、ストーリーの感想は映画と同じになっちゃいます。ラストの意外性がいいなあ。とか。小説ならではになると、映画ではなかなか説明できないところが説明できてて、こっちの方が説得力があります(動機とか、どうしてもね)


 毎度ギリギリのところで逃げる青柳はかなりスリリングで面白かったです。


以下ネタバレ




映画にあった、前後をひっくり返すトリックは映画版だけだったんだなあ。そう考えると、映画にも映画なりのがんばりがあったんだと評価できる。

Recent Entries from Same Category









    
処理時間 0.658114秒