日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<< 2022 December >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
「オタクに救われた人間の願い」
    Eleven Tenths 須々木(09/15)

    匿名希望(12/21)
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout

 「米澤穂信/インシテミル」読了。時給11万2千円につられて集まった12人の男女が、集まってみれば「今日は皆さんに殺し合いをしてもらいます」とか突拍子も無いことを言われて「はぁ!?」状態。寝室に行ってみれば扉に鍵はかからねえは、人殺し用の武器が用意してあるは、「みんなで同じ場所に留まってお互いを見張ろう」としたら変なロボットに殺されるわ、もうどうしたらいいの!?恋に推理に大忙しの7日間。あ、恋は無い。断じてない。

 まあ、あらすじ読んで解るとおり、なんていうかメタ・ミステリです。今までのミステリーの定石をさんざ前提として、「これを踏まえまして」の話。「もう普通のミステリとしてはやり尽くしたから、状況を限定してその中でのミステリをやりました」って言う流れをさらに極北まで持って行った感じ。「がんばるなあ」っていう印象。

 実際雪山山荘ものって、結構無理があるなあ、っいうあたりを結構解決しています。無理矢理に(笑)。ここまで力業をつかうとかえってすがすがしいです。

 推理・トリックの文脈が面白くて、その代わり動機の面がちょっとアレですが、それも今の風潮だよなあ。と思います。動機なんて。




Recent Entries from Same Category









    
処理時間 0.644499秒