日本語が、大好きです。(Sorry, Japanese Only.)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<< 2022 August >>

no fun nolife
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS

    匿名希望(12/21)
とりあえず、配線図
    工場長(08/17)
    ここう(02/19)
    ここう(02/19)
    mohemoa(02/03)
CATEGORIES
rss
 はてなアンテナに追加
 はてなRSSに登録
 Bloglinesで閲読登録
 Subscribe with livedoor Reader
 Add to Google
 My Yahoo!に追加
LINK
ARCHIVES
music
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
logout


 「有栖川有栖/46番目の密室」読了。密室トリックと得意とするミステリ作家「真壁聖一」の元に集まった集ったミステリ作家と編集者。毎年恒例のクリスマスパーティのはずが、身元の判らない男と、真壁が、共に密室で殺されていた。そして真壁の元から「46番目の密室」について書かれたメモが消えていた。密室は消えた「46番目の密室」のアイディアを使われたのか。臨床犯罪学者火村英生が推理する。とかそんな感じ。

 スゲエ久しぶりに有栖川有栖を読んだ。いつ以来だろう。マジックミラー以来?綾辻・有栖川はいつの間にか敬遠していたなあ。内容としては「うわ、堅ってぇな」っていう感想。すげぇ良くできた方程式を解いてる気分になった。あ、悪くは無いです。むしろ、こういうの好きです。

 ただ、方程式って、解き方が判るともうひたすら淡々と解いていくものなので、それを「簡単に解けなくするため」にいろんな手を使っていて、それがちょっと邪魔だったかなあ。いや、もちろんそれが無いと本当に「淡々と解くだけ」になっちゃうから仕方ないんだけどね。無駄のない方程式で、かつ解いたときに「おおー」ってなるのは、、、、難しいだろうなあ。

 なんか苦い感想になってるけど、全体的に良かったです。僕好みでした!



Recent Entries from Same Category









    
処理時間 0.562908秒